コンプライアンスの仕事へ転職して上手くいく人の特徴とは?

コンプライアンスの仕事は真面目で正義感がありコミュニケーション力がある人なら転職をしても上手くいく。

コンプライアンスの仕事へ転職して上手くいく人の特徴とは?

どの仕事も向き不向きがありますが、コンプライアンス関連の仕事は特に向いている人と向いていない人がはっきり別れる職種です。

向いている人が就けば何年もコツコツ仕事をし続けることが出来るでしょう。

しかし、向いていない人が就いてしまうと1週間で転職を考えてしまうかもしれません。

転職をする前に自分がコンプライアンスの仕事に向いているのか確認してみましょう。

☆特徴① 真面目で正義感がある人

コンプライアンスの仕事は会社のルールを決めるという大事な役割があります。

そのため、真面目な人でなければなりません。

「ルールは破るためにある」という考えを持っている人は長く続かないでしょう。

また、ルールは会社の存続や社員の働きやすさのために改善していきます。

人のためになれる正義感のある人が向いている職業です。

☆特徴② コミュニケーション力がある人

コンプライアンスの仕事は会社のルールを決めるだけではありません。

決めたルールを社員に伝えるべく定期的に研修を開く必要があるのです。

ですので、人前に立っても堂々と話が出来る人が向いています。

また、コンプライアンスの仕事をしていると時折社員から相談されることもあります。

その際は親身になって話を聞き会社のルール決めで活用する必要があります。

コンプライアンスの仕事をするには話を聞く力や社員の悩みを聞き出すコミュニケーション力が必要です。

☆会社は真面目に取り組む人を待っている

コンプライアンスは会社の存続をかけた重要な役割です。

一歩間違えれば社員が退職してしまったり上手く業務が回らなくなったりします。

ミスを少なくするためには、日々真面目に仕事をする必要があるのです。

会社はそんな真面目にコツコツ働ける人を募集しています。